ヨーロッパでもレンタル彼氏業は成立するのか?

恋愛にもお国柄があり、日本ではレンタル彼氏という仕事が流行っています。
肉体関係を持たず決して不純なビジネスではないため安心して利用できます。
日本人女性は彼氏を連れないでアミューズメントパークやおしゃれなカフェといったカップル向けのスポットに行くことに抵抗があります。
見栄っ張りだけど流行りに乗りたいという心理の現れだと思います。
では異なる恋愛観を持つヨーロッパではレンタル彼氏はどのように捉えられるでしょうか。

ヨーロッパの恋愛事情

ヨーロッパの恋愛で日本と大きく違うのが、告白をしないことです。
どうやってカップルが成立するのかというと、お試しでデートをし相性を確認し合います。
デーティング期間は複数の異性とデートでき、お互いが恋愛対象として認識すればカップルとして振る舞います。
彼女を友人や親に積極的に紹介するため、デーティング期間は2人っきりで遊ぶことが多いのに対し付き合い始めるとパーティーなどに参加し交流の輪が広がります。
体の相性もデーティング期間で確かめているため、交際が始まってからは壁にぶつかることが少ないです。
また2人だけで通用するルール、通称カップルズルールがあります。
洗濯は彼女、掃除は彼氏などカップルによってルールは様々で、お互いが気持ち良く過ごせるようにあらかじめ決めておくのが一般的です。
男女平等が浸透したヨーロッパ社会ならではで、女性はか弱い存在だから男性に守ってもらうべきといった考えがなく自立した女性が好かれます。

レンタル彼氏はビジネスになっていないかも

ヨーロッパの人々を相手にレンタル彼氏をすると、最初はクライアントとコントラクターの関係でも次第に本当のカップルになる可能性が高いです。
レンタル彼氏と過ごす時間はデーティング期間ととても似ています。
しかしレンタル彼氏は彼氏のフリをするだけで、本当に付き合ってはいけません。
ガツガツ恋愛するタイプのヨーロッパの人々が、男女の仲にならず健全なビジネスの関係を維持するのも難しいでしょう。
よってレンタル彼氏は日本だから成立したのであり、ヨーロッパではとてつもなくクレイジーなビジネスと考えられます。
需要という点でもヨーロッパではウケが悪いです。
「そんなに彼氏が欲しいなら自分から積極的にアピールすればいいじゃない」とヨーロッパ人女性に笑われてしまいます。
日本よりも交際が始まるまでは様々な壁がありますが、パートナーを見つけようとする意欲ははるかに高いため恋愛できないレンタル彼氏を利用している暇があったら一般男性を探す人が多くなります。

製本する本はヨーロッパのおすすめ観光地を紹介するものである

インターネットによる情報の配信が増えてきたことにより、
活字の本が減ってきている傾向にあります。
本を製本する会社は打撃を受けており、
中には売り上げが4割ほど減ってしまった会社もあります。
多くの製本業者の中でそのような会社はほぼ倒産を免れることはできません。
ですがその一方でまだ生き残りをかけている会社もあります。
どのような方法を使っているかといえば、
ヨーロッパのおすすめ観光地を扱った本です。
おススメ観光地といわれても一般の人には心に響きませんが、
ヨーロッパに何度も言ったことはある人にとっては
興味深い製本になるのではないでしょうか。
おススメ観光地を見るだけで、心が高なる人がいるからです。
まぎれもなくそれは製本所の社長です。

熱流体解析ソフトを購入する際、ヨーロッパのおすすめ観光地を紹介された

熱流体解析ソフトを職場に導入するために企業の人と相談していたのですが、
その人は学生時代にヨーロッパに留学していたらしく、
余った時間でヨーロッパのおすすめ観光地についてレクチャーしてくれました。
解析ソフトの購入は決定してあとは時間をつぶすだけだったので、
おススメ観光地についていろいろ聞いてみました。
特におススメしていたのは北欧地方でした。
冬場の寒さはかなりこたえるそうですが、
日本では見られない雪景色は一見の価値があって、
人生で一度は見ておくべきだと力説していました。
特に今の時期はオーロラも見えるらしくとても神秘的だそうです。
ヨーロッパのおすすめ観光地も教えてもらい、
熱流体解析ソフトの商談もまとまったので充実していました。

音楽スタジオを東京にしたのでおススメ観光地に足を運んでいる

今まで田舎で行っていた音楽を本格的に活動するために、音楽スタジオを東京にしました。
東京にしたことで、空港に行きやすくなり、憧れだったヨーロッパに行きたいと思いました。
ヨーロッパのおすすめ観光地としてよく上げられるのは、「タワーブリッジ」です。
ロンドンにあり、世界で最も有名な橋と言われているおススメ観光地となっています。
その更に上位に上げられるのは、教科書や試験にもよく出題される
コロッセオやサン=ピエトロ大聖堂など有名なところです。
写真を撮影した際に、まるでCGかのような美しさであり、圧巻の景色を楽しむことが出来ます。
ツアーも組まれていることが多いところになるため、安心して旅行に行けることでしょう。

ホワイトボードに時代を超えて面白いラジオ番組の企画原案が走り書きされていた

ある放送局の局伝説です。
旅行番組として局でも上位の人気があった、おススメ観光地の番組の取材で、
ヨーロッパのおすすめ観光地に取材にいったまま、
その地で消えたディレクターがいました。
消されたとも、自分で疾走したともいわれましたが、真偽は不明のままでした。
そのディレクターが使っていた部屋は、それ以降使われなくなっていました。
使われなくなった部屋は、倉庫状態になったまま長い年月が経過していました。
社屋の建て替えでその部屋を整理していると、
古いソファーや着ぐるみや椅子や机が、部屋いっぱい詰め込んでありました。
それらを次々に片づけていくと、最後にホワイトボードが出てきました。
そこには、消えたディレクターの字で書かれたラフな企画案が、
当時のまま残っていました。

医薬翻訳の原稿にヨーロッパのおススメ観光地について書かれていた

以前から登録している翻訳会社から医薬翻訳関係の原稿の翻訳をいくつか頼まれました。
医療系の専門用語に苦労しましたが、内容をくわしく翻訳してみるとヨーロッパで開かれる、
業界では権威ある心臓病学会のようでした。
どうやらこの学会が開かれる場所がヨーロッパの有名観光地だった様子。
詳しく翻訳してみると会場周辺国、ヨーロッパのおすすめ観光地の紹介文が並んでいました。
特に学会会場付近にあるおススメ観光地には力が入っており、会場から徒歩何分ですとか、
交通アクセスなど事細かに書かれていました。
医学系の学会には行ったことがないのですが、
ヨーロッパの有名観光地が載っているのでプライベートで行きたくなるような内容でした。

青山の結婚相談所で新婚旅行のヨーロッパのおすすめ観光地を勧められた

独身で出会いがないので、仲間内で評判となっていた、
東京・青山の結婚相談所に入会しようかなと相談所に出かけてみたのですが、
気が早いもので、相談所の方に「もし結婚したらどこへ新婚旅行に行きたいか」
と聞かれました。
「ヨーロッパが好きだ」と言ったら、この結婚相談所でめでたく成婚したカップルがすすめる
ヨーロッパのおすすめ観光地の話題で盛り上がってしまいました。
ハネムーン先の旅行ガイドブックや旅行パンフレットまであり、
ガイドブックによる、上位にランクインしているおススメ観光地は
日本人になじみ深いところばかり。
もし結婚してハネムーンに出かけるなら
日本人があまり行かないような場所に行きたいなと思ってしまいました。

キューバツアーとヨーロッパのおすすめ観光地のどちらが良いか迷う

物価が安く、美しい海があるキューバツアー、非常におすすめですが、
ヨーロッパのおすすめ観光地のどちらか非常に迷うところです。
ヨーロッパにはおススメ観光地が沢山あり、
実際に観光地としても上位にランクインしている都市ばかりです。
フランスやロンドン、イタリアなら、美味しい食べ物や見どころが沢山ありますし、
観光客向けに整備されているので、おすすめです。
キューバでも、美しい海を眺めながら、ドライブを楽しんだり、
格安で美味しい食事を楽しむことが出来ます。
のんびりとしたヴァカンスにもうってつけです。
陽気な方が多いことから、その場にいるだけでも、高揚感を味わうことが出来ます。
どちらに行かれても、楽しめることは間違いありません。

お気軽だけどお気軽じゃない!?お取り寄せで高級なアレとは・・・

仲間内の話になりますが、昨年・2016年はあまりヨーロッパ旅行に行けませんでした。
(イギリスのEU離脱や難民問題も多く…)
そんな中、私たちの中でブームになったのが「お取り寄せ」。
日本の美味しいものでも十分ですが、仲間はヨーロッパ恋しくなりまして(笑)
そこで仲間内でお取り寄せで高級だったのはなにかと話が盛り上がりました!
フランス「エレシ」高級バターで有名。
これバターだけでかじりたくなりますよね。
フランス「モンペーレ」チーズの王様の一つ!
ベルギー「ピエール・マルコリーニ」都心手軽に買えるようになりましたね。
バターにチーズにチョコレート。。
ある意味ド定番のヨーロッパお取り寄せでした。

マザーズバッグを持って出かけたい場所は?

ヨーロッパのおすすめ観光地はいくつもありますが、
今日は小さな子供のママに聞いてみたヨーロッパで行きたいところを聞いてみました。
ヨーロッパで行きたい場所はロンドンで、
マザーズバッグをもって出かけたいのはキッズウェアショップだそうです。
「キャラメル・キッズ・アンド・チャイルド」というお店なんですが、
オリジナルブランドが人気でインテリア用品やおもちゃなんかもあり、
小さな子供と楽しめるそうですよ。