横浜でヨーロッパ風な外構の家を見ました

神奈川県に横浜は、港町として知られていますがそこにある住宅の多くは日本風の住宅になります。
正確にいえば、建売住宅が多く洋室の部屋が多い中で和室が一つだけあるような感じです。
なぜそのような住宅が増えたかといえば、コストを削減することが可能なことそして掃除のしやすさなどがあります。
ただその一方で、ヨーロッパ風の住宅があるのも事実です。
ヨーロッパ風の住宅には、必ず外構もヨーロッパ風になっており非常に目新しさがあると感じる人が多いでしょう。

ヨーロッパ風の家に帰れる幸せ

横浜では、とてもヨーロッパ風の家が似合っているのがポイントになります。
なぜ横浜ではヨーロッパ風の住宅が似合っているかといえばもともと江戸時代の終わりに横浜は港をアメリカに開きました。
厳密に言うと、ロシアやフランスそしてイギリスにも港を開き貿易の拠点となったわけです。
そうすると、自然と横浜は海外からの文化が少しずつ浸透してくるわけです。
結果的に、教会や海外の文化などが町じゅうに浸透して和風よりも洋風の住宅が増えてきた経緯があります。
とはいっても、明治時代ごろは今のように洋風住宅ばかりがあったのではなくごく一部だけ西洋人が住む町に洋風の住宅があった程度です。
ただ、そのようなきっかけがあったことから、日本に西欧の住宅が入ってきたといえるでしょう。
その住宅のメリットは、耐火性に優れているだけでなく耐震性にも優れておりいざ災害があった時に人の命を守ってくれる役割があります。
そのような住宅は現在でも評価されており、積極的に取り入れる人も少なくありません。
そして、美しい見た目もありますので、家に帰る幸せを感じることができるでしょう。

意外と日本でもマッチします

日本の住宅の中に西洋の住宅があると浮いてしまいがちですが、実際には非常にマッチしている傾向があります。
なぜそのような傾向があるかはわかりませんが、少なくとも日本の文化は外国の文化が溶け込んでも化学反応を起こしにく一面があります。
これは、日本自体が独自の文化を持ちつつも海外から様々のものを吸収して日本風に変えてしまうことができるからです。
これにより、人々は新しいものを受け入れることができるようになっています。
日本人は新しいものが好きといわれていますが、これは単に海外のものをそのまま好むのではなく日本風にアレンジされたものを好むといった意味もあるわけです。
住宅の場合には、洋風住宅をふんだんに取り入れながら、和風住宅の畳やふすまなどを取り入れて和洋折衷のようなものが流行しています。
現在でも、建売住宅の多くは和風住宅七日洋風住宅なのか分からないようなところも少なくありません。
さらにこだわる場合には、外構まで洋風の住宅にしており、周りの住宅よりも目立つのが特徴です。

ヨーロッパの知識を使ってタレントオーディションに挑戦

小さな頃から身近な存在であってテレビですが、そのテレビの中に映る芸能人は遠い存在でした。
気軽に会えるわけでもありませんし、街中でスカウトされたこともありません。
しかし素人でもオーディションに応募すれば、才能を見出してもらいテレビの人になれる可能性があります。
ヨーロッパの知識がタレントデビューに役立つ日が来るとは思っていませんでしたが、今の自分はオーディションに応募しその力を発揮するだけの度胸が備わっています。

武器がある人は強い

オーディションで必ず聞かれる言葉があります。
それは「あなたが得意とすることは何ですか」「自己アピールをしてください」です。
自分は「ヨーロッパの面白い知識をたくさん持っています」と即答します。
続けてエッフェル塔やサグラダファミリアなど有名で一度は行って欲しい観光地の豆知識をたくさん披露します。
これは自分が持っている他の人には決して負けない武器です。
丸腰で戦場に行っても勝てません。
功績を残すためには武器が必要で、その性能が良いほど生き残る確率が上がります。
芸能界は様々なジャンルの人たちがひしめき合った業界なので、磨き上げた武器ほど強いものはありません。
審査員や周りの応募者に圧倒されたとしても、自分には武器があると思うだけで勇気を出して自己アピールできます。
現在活躍されているタレントは皆自分だけの武器を持っており、それを使って番組に貢献しています。
ヨーロッパの知識も番組作りを簡単にしてくれるでしょう。

オールラウンダーより圧倒的不器用な人が勝つ

自分は歌が上手いとか、MC力があるといった才能は持ち合わせていません。
本当に大好きなヨーロッパの知識をたくさん持っていて、それを多くの人に知ってもらいたいというだけです。
どの分野でも何でも器用にこなせる人、すなわちオールラウンダーは重宝されます。
しかし芸能界はその逆と言ってよいでしょう。
オールラウンダーよりも不器用だけど一生懸命な人に心は動かされるものです。
笑いを求めるバラエティであれば、少し見当違いなリアクションを取るくらいが雰囲気を和ませお茶の間を楽しませることができます。
だから大体のことは不器用でも良いのです。
自分の番が回ってきた時に、ヨーロッパについて熱く正確に語るという役割を果たせば番組が成立します。
オールラウンダーを目指してしまいがちですが、普段はポンコツだけれど得意分野の時は頼りになるという印象を与えることの方が大切です。
常に結果を求められる業界なので、苦手を克服するより得意を伸ばすのを重視します。

ヨーロッパでもレンタル彼氏業は成立するのか?

恋愛にもお国柄があり、日本ではレンタル彼氏という仕事が流行っています。
肉体関係を持たず決して不純なビジネスではないため安心して利用できます。
日本人女性は彼氏を連れないでアミューズメントパークやおしゃれなカフェといったカップル向けのスポットに行くことに抵抗があります。
見栄っ張りだけど流行りに乗りたいという心理の現れだと思います。
では異なる恋愛観を持つヨーロッパではレンタル彼氏はどのように捉えられるでしょうか。

ヨーロッパの恋愛事情

ヨーロッパの恋愛で日本と大きく違うのが、告白をしないことです。
どうやってカップルが成立するのかというと、お試しでデートをし相性を確認し合います。
デーティング期間は複数の異性とデートでき、お互いが恋愛対象として認識すればカップルとして振る舞います。
彼女を友人や親に積極的に紹介するため、デーティング期間は2人っきりで遊ぶことが多いのに対し付き合い始めるとパーティーなどに参加し交流の輪が広がります。
体の相性もデーティング期間で確かめているため、交際が始まってからは壁にぶつかることが少ないです。
また2人だけで通用するルール、通称カップルズルールがあります。
洗濯は彼女、掃除は彼氏などカップルによってルールは様々で、お互いが気持ち良く過ごせるようにあらかじめ決めておくのが一般的です。
男女平等が浸透したヨーロッパ社会ならではで、女性はか弱い存在だから男性に守ってもらうべきといった考えがなく自立した女性が好かれます。

レンタル彼氏はビジネスになっていないかも

ヨーロッパの人々を相手にレンタル彼氏をすると、最初はクライアントとコントラクターの関係でも次第に本当のカップルになる可能性が高いです。
レンタル彼氏と過ごす時間はデーティング期間ととても似ています。
しかしレンタル彼氏は彼氏のフリをするだけで、本当に付き合ってはいけません。
ガツガツ恋愛するタイプのヨーロッパの人々が、男女の仲にならず健全なビジネスの関係を維持するのも難しいでしょう。
よってレンタル彼氏は日本だから成立したのであり、ヨーロッパではとてつもなくクレイジーなビジネスと考えられます。
需要という点でもヨーロッパではウケが悪いです。
「そんなに彼氏が欲しいなら自分から積極的にアピールすればいいじゃない」とヨーロッパ人女性に笑われてしまいます。
日本よりも交際が始まるまでは様々な壁がありますが、パートナーを見つけようとする意欲ははるかに高いため恋愛できないレンタル彼氏を利用している暇があったら一般男性を探す人が多くなります。